大将がゆく

イラスト、おでかけ日記、旅の記録など……。まったり描いて、のんびり書いてるブログです。

Like tears in rain...

2019年11月、酸性雨の降りしきるロサンゼルスに4人の逃亡レプリカントが降り立った……。

1982年に公開されたハリソン・フォード主演のSF映画「ブレードランナー」の時代がやってきました。

劇場公開時には私は生まれておりませんが、VHSやDVD、Amazonプライムで何度も鑑賞した映画です。

そして、この作品で最も有名なセリフがこちら。

I’ve seen things you people wouldn’t believe. Attack ships on fire off the shoulder of Orion. I watched C-beams glitter in the dark near the Tannhäuser Gate. All those moments will be lost in time, like… tears in rain. Time to die. -- Roy Batty

「貴様ら人間には信じられないような光景を私は見てきた。オリオン座の肩で炎を吹き上げる戦艦。タンホイザーゲートの真横で暗闇を切り裂くCビーム。時とともにどの瞬間もやがて消える……雨の中に流れる涙のように。死ぬときだ。」—— ロイ・バッティ

「Cビームスピーチ」とも呼ばれるこの一節は、作中の宿敵ロイ・バッティが死の間際に口にするもの。

戦闘用の奴隷として生み出された人造人間“レプリカント”である彼が、過酷な生涯を振り返りながら、その悲痛な運命と死を受け入れる姿がなぜか現代人と重なる気がしてしまいます。

……とりあえず、僕は4つ欲しいのですが、2つでじゅうぶんみたいですよ。