大将がゆく

写真を撮ったり、イラストを描いたりするバイクで日本一周した主夫の日記帳

F1 2018 日本グランプリの思い出

f:id:taisho_goes:20200620211304j:plain

今年は中止です

新型コロナの影響でF1日本グランプリも中止になってしまいました。

なので、2018年に現地観戦したときの思い出を振り返りたいと思います。

10月6日:予選

この日、僕は三重県・鈴鹿サーキットにいました。

当時は単身赴任で都内で働いていましたが、前日の通勤電車で突発的にチケットを買ったのです。

そのくせその日は終電帰りになってしまい、ほぼ徹夜で370kmを運転してきました。

……ということで、15時からの予選開始です。

f:id:taisho_goes:20200620211510j:plain
ダニエル・リカルド(レッドブル - タグ・ホイヤー)

f:id:taisho_goes:20200620211901j:plain
セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

f:id:taisho_goes:20200620211304j:plain
ルイス・ハミルトン(メルセデス)

ずっとテレビで見てたF1マシンが目の前を駆け抜けていきます。

思ったより静かですね。もっと爆音を立てて動いてるかと思いました。

それにしても速いです。逆バンクコーナーの出口からダンロップコーナー入り口が見渡せる位置で観戦していましたが、一瞬で通り過ぎてしまいます。

f:id:taisho_goes:20200620212545j:plain
ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ - ホンダ)

予選が終わる頃、台風の影響で突然の大雨が降ってきました。

慌ててレインコートを着用して、屋根のあるメインスタンドを目指しました。

f:id:taisho_goes:20200620212640j:plain
急に空が暗くなって、雨が降り出しました

f:id:taisho_goes:20200620212929j:plain
雨上がりには綺麗な虹が出てきました

『しっかり降ったし、この後の古いマシンのデモ走行はないだろう』

なんて油断してたら、まさかレインタイヤを履いて走り出しました。

慌ててカメラを構えたら、20年ぶりに日本で走行したミカ・ハッキネンの McLaren MP4-13 を撮影できたのでラッキーです。

f:id:taisho_goes:20200620213758j:plain
McLaren MP4-13

f:id:taisho_goes:20200620214419j:plain
夜のイベントは眺めるだけにしました

10月7日:決勝

f:id:taisho_goes:20200620214636j:plain
10月であることを忘れるほどの晴天でした

昨日の不安定な天気が嘘のような晴天。

せっかく用意したきた3本のペットボトルはスタート前に全部飲み干してしまいました。

f:id:taisho_goes:20200620214701j:plain
みなさま、カメラにも気合が入ってます

f:id:taisho_goes:20200620214734j:plain
歴代フェラーリマシンがたくさん!

f:id:taisho_goes:20200620215015j:plain
テレビで見たセーフティーカーだ!

レースはマクラーレンのルイス・ハミルトンが安定した走りでポール・トゥ・ウィン。

相変わらずメルセデス、フェラーリ、レッドブルの3強が圧倒的で、もはや違う次元のスピードでした。

前日の予選で6番&7番グリッドにつけたトロ・ロッソ - ホンダの2台は残念な展開となってしまいました。

f:id:taisho_goes:20200620220207j:plain
ルイス・ハミルトン(メルセデス)

f:id:taisho_goes:20200620215050j:plain
マックス・フェルスタッペン(レッドブル - タグ・ホイヤー)

f:id:taisho_goes:20200620215755j:plain
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン - ルノー)

f:id:taisho_goes:20200620220324j:plain
レース終了時には観客全員で8万本のチェッカーフラッグを振りました

正直、深夜に新東名高速道路を走りながら『4万円のチケットなんて衝動買いするんじゃなかった』と後悔しましたが、やっぱり現地観戦して大正解でした。

だって、F1を鈴鹿サーキットに見に行くのは高校生の頃からの夢のひとつでしたし、強行軍をしてでも実現してよかったです。

また国際レースを見にいきたいなぁ。早くコロナよ鎮まれ!!

ではでは。