大将がゆく

写真を撮ったり、イラストを描いたりするバイクで日本一周した主夫の日記帳

カメラの検討メモ

f:id:taisho_goes:20200529185933j:plain

今日のブログは独り言。内容がないようですよ……。


GR IIIの修理に5万円もかかるため、これをいい機会に富士フイルムのカメラに変えようと考えています。

せっかくなら唯一無二のハイブリッドビューファインダーを……となるとX100シリーズかX-Proシリーズでしょう。

まず先立つものが云々ということで、GR IIIの売却額も含めて予算は15万円ほどに設定してます(ありがとう、定額給付金。“おかわり”も期待してます)。

また性能的にはX-Trans CMOS IIIが搭載されていれば、もはや描画性能としては十分です。X-Trans CMOS 4で使えるエテルナが魅力的なのですが、そこまで必要じゃないなぁ……という感じ。

一度、候補をまとめると……

機種 X-Trans CMOS 価格(概算)
X100F 3 ¥ 85,000
X100V 4 ¥ 150,000
X-Pro2 + 18mm F2 3 ¥ 130,000
X-Pro2 レンズセット 3 ¥ 160,000
X-Pro3 4 ¥ 220,000

X100Fは価格的にもこなれていて魅力的なのですが、気になる点は防塵性がないということ。ネット検索する限りファインダー内にゴミが混入する事例が多く、そのくせ自力で清掃ができません。修理ではファインダー部分を丸ごと交換するため、費用が高くなる傾向にあるようです。

こういった不安を払拭してくれるのはX100Vです。アダプターリング等が必要ですが、防水防塵ボディーを採用したのは心強いですね。また(比較的)コンパクトなサイズなので持ち歩く用途としても便利そうです。

しかし、どうしても「レンズを交換したい」という欲求を捨て去ることができません。こうしたレンズ交換式のカメラはキヤノン EOS 7D Mark IIに任せているはずですが、富士フイルムのフィルムシミュレーションが50mmくらいの画角にフィットする気がするんですよね。

そうなったらX-Proシリーズが魅力的に思います。さすがに発売されたばかりのX-Pro3は高額すぎますし、お金があったとて背面モニターが隠れているのはストイックすぎて使い切れるかわかりません。

そういった意味、X-Pro2が型落ちで中古なら9万円程度と手が出しやすくなっています。もし余裕が出てきたら、差額でレンズを買い足す楽しみもあります。

そもそもX-Pro2はレンジファインダー風モデルの最上位機種ということもあり、防水防塵ボディーであるうえ、その堅牢性もアピールポイントのひとつになっています。センサーもX-Trans CMOS IIIなので申し分ないです。

ただし、X-Pro2で生じる懸念はサイズです。X100シリーズですら大きく感じてしまうのに、さらにひと回り大きいX-Pro2は気軽に持ち歩けるのか?という疑問が湧いてきます。事実、α7IIIのサイズでも持ち歩かずに埃をかぶっていましたので……。

f:id:taisho_goes:20200621182409j:plain
僕の本能はX-Proを欲している……かもしれない

ああぁ、そうなるとX100Vですかねぇ!

確かにレンズを交換しながら撮影をするのは楽しいですが、結局は気に入ったレンズを付けっぱなしにするのがオチですからね。どうせサブカメラだし、コンパクトで持ち歩けることが優先度が高いでしょうし。

でも、X-Pro2も捨てがたいなぁ……。

やっぱり手に持ったときの所有欲を満たしてくれる感じとか、シャッターを切ったときの“撮ってる感“とかは最高なんですよね。

もしかして、X-Pro2にパンケーキレンズのXF 18mm F2 Rを付ければ、写りも携行性も両立できて最強なんじゃないかな?なんて考えてしまうのです。

はぁ、ちょっとマップカメラを巡回してきますわ。

ではでは。