大将がゆく

写真を撮ったり、イラストを描いたり……日本一周の旅をした主夫の日記帳

写真好きのストレージ検討会

f:id:taisho_goes:20201121192605j:plain

Googleフォト陥落……

f:id:taisho_goes:20201121190138j:plain
大変お世話になっております

Googleフォトが容量無制限を廃止ですって。

……あぁ、知ってたよ。知っていたとも!!

いずれ大容量で無料のサービスが俺たちを裏切ることをな!

だってそうだろう!

EvernoteもDropboxもAmazon DriveもOneDriveも全員サービス改悪してきたんだ!

Googleは頑張ったよ……。

しかも過去分はノーカンだろ?アンタすげぇよ、先生。

というわけで、これを機に写真ストレージを考えていこうと思います。

現在のストレージ体制

f:id:taisho_goes:20201122130844j:plain

現在はiMac本体と外付けSSDで写真を保存し、Googleフォトには保険的にアップロードしています。

そして、ブログ掲載するたびにMacBook Proにコピペして編集していました。

ザ・非効率。

というのも、2年前までメイン機として使っていたiMacに保存していたデータの引っ越し先がなくて、ずっとダラダラと併用してきたんです。

しかし、この構成でもストレージの限界が見えてきました。

残すところ約150GBですが、使い切るのも時間の問題でしょう。

やりたいこと

f:id:taisho_goes:20201121190403j:plain

今後はMacBook Proをメイン機にして、写真の編集だけでなく管理まで行いたいと考えています。

なので、iMacには今年中でご引退いただき、そのデータ移行先として大容量ストレージを確保します。

新しいストレージに求めること

冗長性

自分ではありませんが、以前、会社で先輩のHDDが突然死して大変だったのを横目で見ています。

だからといって、2台のHDDを用意して手動でコピペするなんて面倒。サボっちゃうに決まってます。

そこで、今回導入するストレージではミラーリング(RAID1)を設定して冗長性と利便性を確保したいと思います。

高速アクセス

快適なRAW現像を行うにあたり、やはり高速で通信できることは必須です。

そのためには有線接続でも構いません。

どうせ自宅内は散らかっていて、ノートPCであるMacBook Proも据え置きのような状態ですし。

ちなみに僕が持っているMacBook ProはThunderbolt 3とUSB 3.1 Gen 2に対応しています。

こうした高速通信規格を有効活用できるストレージが欲しいですね。

容量

iMac本体と外付けSSDで合計1.3TBのデータを移行させます。

今後もデータが増えていくことを考えると、4TBほどの保存領域が最低ラインでしょう。

候補

こうした要件を考えると、NASよりもRAIDストレージが僕のニーズに合致していると言えそうです。

正直、2ベイのケースとHDDを購入して自分で構築することも考えましたが、いろいろと面倒なのでやめました。

現在、大手メーカーでRAIDストレージのラインアップを展開しているのは以下の4社でした。

価格は8TBモデルのものです(2020/11/21現在、ヨドバシ.com調べ)。

Western Digital

商品名:My Book Duoシリーズ

WD REDという高耐久のNAS用HDDを採用していて、個人が使う分には十分すぎる信頼性です。

接続はUSB 3.1 Gen 1と少し速度が見劣りしますが、360MB/秒とあるので実用上の問題はないはず。

価格は4万円前後から。コスパがいいですね。

LaCie

LaCie HDD 外付けハードディスク 2big dock Thunderbolt3 8TB 2HE9P7

LaCie HDD 外付けハードディスク 2big dock Thunderbolt3 8TB 2HE9P7

  • 発売日: 2017/12/19
  • メディア: Personal Computers

商品名: 2Big RAIDシリーズ

フランスのメーカーですが、国内ではエレコムが代理店です。

USB 3.1 Gen 2対応とThunderbolt3対応の2バージョン展開。宇宙の旅にでも行けそうなデザインも特徴。

Apple直販サイトでも取り扱われていましたが高いのがネック。

USB 3.1 Gen 2版は6.5万円。Thunderbolt 3版は9万円。

G-Technology

商品名:G-RAIDシリーズ

上記のWestern Digitalが展開するブランド。

Mac Proを彷彿させる本体デザインにThunderbolt 3ポートを2つ備えています。

価格は9.6万円と非常に高価なので今回は見送りです。

バッファロー

商品名:HD-WLU3/R1シリーズ

発売時期が2012年ごろでUSB 3.0までしか対応していないのが痛いところ。

8TBモデルは受注生産ということで、価格は6.1万円ほど。

バッファローはNASのラインナップが充実しており、あまりRAIDストレージは本腰を入れてない様子。

購入を検討します

今のニーズと予算規模を考えたら、Western Digital製のMy Book Duoが最有力候補ですね。

実はこの問題を2年間ずっと先延ばししてきましたが、そろそろ年貢の納め時でしょう。

この連休中の購入を前向きに検討したいと思います。

今日はダラダラとした検討会(参加者1名)にお付き合いいただき、ありがとうございました。

ではでは。