大将がゆく

写真を撮ったり、イラストを描いたり……日本一周の旅をした主夫の日記帳

凛々しい眼差し

凛々しい眼差しで外を見つめるウサギ。一昔前の刑事ドラマにでも出てきそうです。

ちょんと窓枠についた前足が可愛くて、しゃがみ込んでシャッターを切りました。

撮 影:2024年6月 in 八木山動物公園(宮城県仙台市)
カメラ:SONY α7R IV
レンズ:TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD (Model A058)


ていうか、そういうシーンを実際にドラマや映画で見た記憶があまりないんですよね。

元ネタがあるのかと思って調べてみたら、「太陽にほえろ!」の作中で石原裕次郎が演じる藤堂係長がよくやっていた動作みたいです。

そのドラマシリーズ自体が放送されていたのは1972年から1986年なので僕が生まれる前。知らなくて当たり前でした。

ちなみに平成世代の刑事ドラマといえば……やっぱり「踊る大捜査線」でしょうか。青島クンの「事件は会議室じゃない、現場で起きてるんだ!」というセリフはみんな真似してましたし。

そんな今日は妻と一緒に「SPEC」を一気見していました。前に映画版まで全部履修していたはずなのに、けっこう忘れていて楽しんでます。

「あぁ、記憶を消してもう一度最初から見たい!」と思うことは多々ありますが、30代も半ばに差し掛かると時間がその願望を叶えてくれるケースがおおいことを学びました。

それじゃあ、また。